読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

「君の名は。」を観て自分がアラサー女性と入れ替わったらという妄想をしてみた(ネタバレなし)

映画

前回、「君の名は。」という映画を観て

女子高生に入れ替わる妄想をしました。

「君の名は。」を観て自分が女子高生と入れ替わったらという妄想をしてみた(ネタバレなし) - 瀬戸之介 diary

 

今回は自分がアラサー女性に入れ替わるという

シチュエーションに思いを馳せてみました。

 

 

 

スペックは見た目は中レベル

中小企業で事務の仕事をしているOLで

実家暮らしのアラサー女性です。

 

仕事としてのキャリアアップは難しく

一人暮らしをするにはお給料が心許ない。

 

 

家には毎月数万円を入れていて

残りのお給料は全て自分のもの。

 

たまに旅行に行ったり趣味に費やしていて

将来のための貯蓄はほどんどない。

 

親からは結婚を急かされる毎日

だが彼氏はいない。

 

 

20代前半から半ばにかけては色んなお誘いがあり

数年付き合った彼氏もいて結婚の話も出たが

自分にはもっと良い男性が現れると思い独身生活を楽しんできた。

 

 

だがここにきて急にお誘いの回数が減ってきた。

しかも周りがどんどん結婚していて、生き遅れているのを感じ始めた。

 

 

正直、どうしよう・・・

このままダラダラ過ごしていても年齢を重ねるだけで

自分から動かなければ状況は変わらない。

 

 

できればイケメンで年収1000万以上あるメンズと結婚したい。

しかも結婚後は専業主婦になりたい。

 

 

 

ただ男性の立場からするとそんなハイスペの男性が

わざわざ見た目中くらいのアラサー女性を選ぶことはほぼない。

 

だからまずできることとして

まずとにかく美容にお金をかけて見た目スペックを上げる。

エステ・脱毛は勿論のこと、整形も視野に入れる。

 

しかしそれでもハイスペの男性は

若い女性に行く、絶対。

 

 

ここまできたらいかに

自分の理想から妥協できるかが大事だ。

 

見た目・経済力の全てを一人の男性に

求めるのは無理がありすぎる。

 

代わりにこちらが相手に与えられるものは・・?

と聞かれても手持ちの武器が貧弱すぎるからだ。

 

 

だったらこの2つの内

最低でも一つだけ男性に求めるというのはどうだろうか?

 

 

見た目を取る代わりに経済力を我慢する。

経済力で男性を選び見た目を捨てる。

 

 

まだ何とかなりそうだ。

僕がアラサー女性に入れ替わったとして

上にも書いた通り一人の男性に見た目や経済力を

求めるのはまず無謀だと考える。

 

 

だから経済力を求める場合

見た目は捨てるつもりで動くだろう。

 

例えばマッチングサイトでは40代以上の男性に絞る。

 

40代、50代の男性からするとアラサーの女性は

十分恋愛の対象になるし若さという武器を使うことができる。

 

 

もちろん40代以上の男性全員ではなく

こっちが狙うのは経済力なので

お金持ってそうな40代以上の男性に絞る。

 

 

では見た目の好みはどうするのか?

と聞かれれば答えはこうだ。

 

諦める!

 

 

 

 一人の男性に全てを求めるのではなく

各要素につき一人の男性を求めるというのはどうだろうか?

 

 

経済力担当の男性。

見た目担当の男性。

 

 

見た目担当は年下でも年上でもどっちでも良い。

こっちはお互い割り切った関係で楽しむだけだ。

 

 

生理的にギリギリ受け付ける経済力担当のおじさんに

生活を見てもらって20歳そこらの大学生の可愛い男の子と

適当にカラオケでデートでもして癒されよう。

 

目と体と心の保養だ

 

 

 

こちらは年下の可愛い男の子に体力・メンタルのケアをしてもらう。

 

逆に経済力担当のおじさんが自分以外の女性と遊んでいても目を瞑ろう。

生活費を家に入れてくれるだけで十分じゃないか。

 

 

ここまで割り切ることができれば

念願の専業主婦生活も実現できるかもしれない。

 

マッチングサイトのプロフには

「年上の男性がタイプです(ハート)」

とでも書いておけばいいだろう。

 

 

これが1つ目の戦略。

 

もう一つは自分のスペックを上げて

イケメンの男性とマッチングする戦略だ。

 

  

 

まず最初にイケメンで経済力のある男性と

マッチングする可能性は低く

またそれを待ち続けるのは賢明ではない。

 

 

だから経済力はないがイケメンの男性を選ぶのだ。

 

しかしその場合結婚したとしても

自分が仕事をしなければ家庭が回らなくなるので

自分の経済力を上げる必要がある。

 

 

この時、今の仕事を頑張ったり転職をして

給料アップを狙うのではなく

長期的なことを考え資格取得を目指す。

 

 

 

僕が狙う資格は看護師だ。

 

看護学生で2,3年、卒業後3年程度働かないと

1人前とみなしてもらえないので時間はかかるが

40代、50代になった時の生活を考えると元は取れるはず。

 

 

まず収入面でも安定するので

相手の経済力が心許なくてもこちらがカバーできる。

 

それに専業主婦生活はできなくても

介護施設で看護師としてパート勤務をすれば

1日5時間で時給2000〜3000円の仕事があったりする。

 

 

看護師という仕事は夜勤や激務・人間関係が

大変というイメージがあるがそれは病院で働く時だけだ。

 

介護施設やクリニックでパートとして働けば

それほどストレスもなく人間関係に振り回されることもない。

 

 

なので結婚後の生活も旦那の稼ぎに

頭を抱えることはないし

子供ができたとしても育児に専念できる。

 

そして子育てが落ち着いて仕事の復帰もOLより簡単だ。

 

 

これが2つ目の戦略。

相手にもある程度のスペックを求める場合

まずは自分のスペックをできる範囲であげることだ。

 

そして付き合うこと、結婚することがゴールではなく

その後の生活をどのように送りたいかを考えて動くことだ。

 

 

 

1つ目の戦略は経済力のみを相手に求めるので

不倫や浮気を推奨するわけではないが遊び相手を作る。

(勿論パートナーの遊びも黙認する必要はある)

 

2つ目はイケメンを狙うので経済力を捨てる。

代わりに自分の経済力を上げるという考えだ。

 

 

 

前回の女子高生と違い

選択肢が限定されているためより

具体的な戦略を立てることができる。

 

ただそれがベストなのか、上手くいくかは誰にもわからない。

 

環境を変えた方がいいのか自分を変えた方がいいのか

とはいえ入れ替わるならやはり女子高生が良い。

 

 

  

前回の記事です

↓ 

setoseto.hatenablog.com