読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

婚活してたらネットワークビジネスの勧誘に遭遇するけど、そもそもネットワークビジネスって何なの?

婚活

婚活でも出会い系でもSNSでも

インターネットを通して人と会う時に

一定の確率でネットワークビジネスの

勧誘をされることがあります。

(もしくはマルチ商法・ネズミ講)

 

 

 

ツイッターなんかでも

「前に某サイトを通じて会った人が

マルチ/ネットワークビジネスの勧誘だった」

というようなつぶやきをたまに見かけます。

 


恋愛・婚活を謳うマッチングサイトで

恋人を作りたいがためにこちらは登録してるのに

恋愛目的を装ってネットワークビジネスの勧誘目的で

登録している人もいてそれはそれでタチが悪いです。

 


出会う出会わないは運に左右されるので

自分が会おうとしてる人が

ネットワークビジネス目的でしかないことを

祈るしかないです。

 

 


とはいえ

「ネットワークビジネスは嫌、マルチ商法は嫌、

ネズミ講は嫌」という人はたくさんいますが

それぞれの実態はあまり知らない人もいると思います。

 

なので今回は簡単にまとめてみました。

 

まずそれぞれの違いについて

 

まずネットワークビジネスとマルチ商法は同じです。


正式名称はマルチレーベルマーケティング(MLM)と呼び

「マルチ」という単語が入っていることからマルチ商法と言います。

 


しかしマルチ商法だと世間的なイメージが悪いので

現在はネットワークビジネスと呼ぶようになっただけです。

 

 

ただネットワークビジネスの人に

「マルチですよね?」

と聞くとなぜか必ず否定されます。


「うちのところはマルチじゃないですよ!

ネットワークビジネスです!」と言ってきます。

素直じゃないですね。

 

 

では、ネットワークビジネス(以下、MLM)と

ネズミ講は同じなのか?

答えはNoです。

 

特定商取引法によると

MLMは連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)

ネズミ講は無限連鎖講(むげんれんさこう)

と定義されています。

 

そしてネズミ講の無限連鎖講は違法です。

 

対してMLMは合法です。

詐欺だとか犯罪だとか言われますが

法律的には全く問題ありません。

 

ただネズミ講は犯罪になります。

 

連鎖販売取引と無限連鎖講の違いとは

次に連鎖販売取引と無限連鎖講の違いです。

 

一言でいうと、「商品の受け渡しがあるかどうか」です。

 

よくあるイメージで化粧品や

健康グッズ(サプリメントなど)を

紹介されるというのがあります。

 


これはMLMで勧誘されて会員になると

最初に登録料を支払い

その後は毎月会費を支払うようになっています。

 

そのかわりに毎月化粧品や健康グッズが自宅に送られてきます。

会費というのはこれらの商品代の事です。

 

 

毎月いくらかのお金(会費)を払って

化粧品や健康グッズを買っているという程です。

 

そして登録料と会費が勧誘してきた人の

報酬になるというのがMLMの仕組みです。

 


1、AさんがBさんを紹介してBさんの登録料と会費がAさんの報酬になる。

 

2、BさんがCさんを紹介してCさんの登録料と会費がAさんとBさんの報酬になる。

 

3、CさんがDさんを紹介してDさんの登録料と会費がAさんとBさんとCさんの報酬になる。

 

4、以下同じ・・・

という感じです。

 

 

DさんくらいになるとAさんは

赤の他人の可能性がありますが

それでもDさんが支払った

お金がAさんの報酬になります。

 

ただこれも後から会員になった人全員のお金が

報酬になるわけではありません。

 

会社によって違うのですが

「AさんからHさんまで」

と何人目かで制限がかかります。

 

 

対してネズミ講は商品の受け渡しがありません。


何でもいいのですが

「この会社の会員になると〇〇できる権利がもらえるよ」

「1年後に配当金が2倍になって帰ってくるよ」

みたいなことを言われて登録料を払います。

 

報酬の仕組みは同じです。

ただ、ここではお金の移動しかありません。


それにMLMではあった

「Hさんまで」

という制限もありません。

 

 

なので初期からやっている人に

常に末端の人のお金が入る仕組みになっており

初期から始めた人だけが得をして

後発組は損しかしません。

 

逆にMLMは制限があるので後発組でも

前からやっている人を抜かすことは可能です。

 

 

なぜ友達を勧誘するというビジネスの形態になっているのか

例えばドラッグストアに市販の化粧品が

定価1000円で売られているとします。

 

この内、原価は30円くらいです。


しかしながら1000円のうち400円が

テレビCMなどの広告費に使われていたりします。

 

 

MLMではこの400円分を広告費に使わず

商品開発に使って原価430円で

市販よりも良い化粧品を作ります。

(という程。実際に良いのかどうかは確かめられません。)

 

 

ただ広告を出さないとせっかく開発した商品も売れません。

 

だから会員に直接友達に商品を紹介して売ってもらう

という形態をとっているのです。

 

 

そして売れた分のお金のいくらかを報酬としてもらえる

という仕組みになってます。

 


だから彼らはラインの友達リストの上から

順番にせっせと勧誘活動をしていくのです。

 

ラインの友達リスト全員に勧誘活動をしたら

新たな勧誘先を探すために出会い系やSNSを利用します。

この時に僕たちの前に現れる訳です。



もし勧誘されて会員になったらどうなるか

 

もちろん権利収入や不労所得を目指して

まずはラインの友達リストの

上から順番に連絡していきます。

 

全員に連絡し終わったら

インターネットを使って勧誘をします。

 

少し前にアムフェイの勧誘マニュアルが

ツイッターに流出して話題になってました。


「私がちゃんと話してあげる」の余計なお世話感にイラっとしますね。

 


ちなみに「私がちゃんと話してあげる」

と言っておきながら、実際の勧誘の時には

「私よりすっごい人がいるからその人を紹介するね」

と言ってきて、

おそらくネットワークビジネスを

先に始めてる先輩的存在の人を同席させ

2対1の状況を作り2人掛かりで勧誘してきます。

 


また僕の会社の同僚で

奥さんが昔ネットワークビジネスに

ハマっていたという人がいました。

 

同僚曰く「あれは宗教と同じだ」とのこと。

 

とういうのも勧誘以外に週に1回程度

貸し会議室を借りてミーティングをしているらしいです。


先輩的存在がどうやったら勧誘が成功するか

権利収入でどんな生活をしているか

など教会の神父さんみたいなありがたいお話を聞けるそうです。

 

 

同僚の奥さんも熱心にミーティングに参加して

同僚は毎週のようにこの商品がすごいのよ!と

力説されたのですが、最終的に

「辞めないと離婚するぞ」と言って脱会されました。

 


また少し前に僕の前の会社の同期から

ラインがきたのですが

こういった布教活動もしている模様。

 

f:id:setonosuke:20160924122650j:image 

 

後はBBQやらダーツバーやらクラブを貸し切って

イベントもしているようです。

 

 

最後に

簡単にですがネットワークビジネスについてまとめてみました。

 

 

日本ではアムウェイがネットワークビジネスの中では

1番有名だと思います。

 

そしてそのアムウェイですが

1年間の売り上げがなんと1000億円近くあります。

 

一企業の売り上げでこれだけあるのですから

日本のネットワークビジネス産業の

市場規模はめちゃめちゃ大きいですね。

 


僕自身これまでで3回ネットワークビジネスの

勧誘をされたorされかけた経験があります。

 

昔のバイトの先輩と前の会社の同期と

マッチングサイトで会った女性です。


この内、バイトの先輩に関しては

2対1でパワーポイントを使ってがっつり勧誘されました。

 

 

いずれも断りましたが

おそらく僕は勧誘されやすい顔なんだと思います。

知らない人にもよく道を聞かれます。

 


個人的な考えとしては合法ですし

やりたい人はやればいいんじゃない程度にしか思ってません。

 

ただ僕は友達が少ないので

ネットワークを広げられず会費を支払うだけで

終わってしまうのでやるつもりはないです。

 


勧誘されても

「友達いなくて僕でネットワーク止まってしまうので、

僕じゃない人を勧誘した方がいいですよ」

としか言えないです。

友達少なくてよかった・・(泣)

 

 

ではでは。


ちなみにマッチングサイトで会った女性に勧誘されかけた時の記事です

setoseto.hatenablog.com