読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

コミュ力を鍛えないとダメだと思った話

雑記

最近、婚活というか恋活というか

まあ彼女が欲しくていろいろ奮闘してます。

 

はじめは婚活でビシッと

最短距離で幸せになってやるぜみたいに

思ってたのですが、どうもゴールが見えない・・・

 

 

みんな結婚したいんだから

お互いのスペックを公開して釣り合いそうな人と

1回目はお茶して、2回目はご飯食べて

3回目はデートして・・色々あってゴール!となる予定が

一向に2回目に進まない。

 

 

いいなと思った人程、次に進まない。

 

 

マッチングサイトを利用して会うということは

スペックは合格してるんだけど

実際に会った時の印象が良くないから

次に繋がらない。

 

 

1番最悪なパターンだ。

サイト上は良いけど会ったら

嫌いになるって1番アカンやつだ。

 

 

とはいえ原因はもうハッキリしている。

コミュ力が完全に欠けていることだ。

 

今回はたまたま良い人に

巡り会えなかったとかではなく

完全に自分の問題だ。

 

 

昔から人付き合いが苦手だった

 

小学生の時は放課後や土日に一緒に遊んでいた。

中学生は部活漬けの生活。 

高校生の時もクラスメイトと放課後や土日遊んでいた。

 

 

ただ、大学生になってからは完全にぼっちだった。

おそらくこの時に人付き合いをしなくなってから

コミュ力がめちゃくちゃ下がり始めたんだと思う。

 

授業も一人で受けて、サークルも入らず

学校と家の往復する生活だった。

 

今となっては学生時代の友達とは

完全に縁が切れてしまって

友達と呼べる人はゼロだ。

 

 

大学生の時にもう少し社交性面を頑張っていれば・・

4年間一体何をしていたんだろう・・・

 

 

会話が広がらない

 

僕「休みの日は何してるんですか?

女「買い物してますよ!

 

どこで買い物するんですか?

〇〇です!

 

そうなんですね・・・

はい。

 

会話終了・・

 

「休みの日」 というありきたりな話題でも数ラリーで

終わらせてしまう自分のコミュ力のなさに泣けてくる。

 

 

何の仕事してるんですか?

〇〇です

 

忙しいですか?

忙しいです。

 

休みは土日ですか?

土日が休みです

 

そうなんですね!

はい・・・

 

会話というより尋問だ。

もしくは職務質問だ。

 

どういう風に会話を広げたらいいのかわからない。

 

「闇金ウシジマくん」という漫画の中のセリフで

「人間の耳が2つあって、口が1つしかない理由は

自分が話すより相手の話を聞くことの方が重要であるから」

という言葉ある。

 

まさにそれを体現した結果、職務質問になってしまった。

 

 

婚活や彼女を作ろうとする以前に対人スキルを鍛えなければならない

 

今までに良い縁に恵まれなかったのではなく

良い縁も全部自分が潰してきたのだろう。

 

婚活サイトを利用して何人かの女性と会ったが

全員悪い人じゃなかった。

 

 

ただ尋問と職務質問を繰り返す僕を見て

この男性はナシだな・・と思われたに違いない。

 

であるならば次はそう思われないように

今の自分の悪いところを直さなければならない。

 

 

ツイッターにてこんなお言葉を頂いた。

 

 

 

誰にでも合う人・合わない人というのがいる。

僕の場合は合う人が限りなくごく少数で

合わない人が大半なんだと思う。

 

まずは合わない人の割合を減らしていかないと

今後の自分の人間関係の構築にも影響が出るし

婚活だ・彼女が欲しいと言っても一向に良い人が現れない。

 

 

解決策

 

対人スキルなんてものは一長一短で身につくものではない。

口下手な人間が明日急に饒舌になることもない。

 

自分にできることをコツコツやっていくことだ。

 

まずは悪印象を与えないようになりたい。

そのためには

・相手の目を見る

・姿勢を良くする

・ハキハキ喋る

以上3つならすぐにでも実践できそうだ。

 

 

人の印象は会ってすぐに決まると言われるように

まずは「言葉」以外のところでマイナスをなくす。

 

挨拶や自己紹介の「言葉」のところでは

ハキハキと大きめの声で話す。

 

 

肝心の尋問に関しては

昔、何かの本かブログで書いてあった

「「人志松本のすべらない話」というテレビ番組で

芸人の方が話しているネタをそのままパクる」

というのが使えるだろう。

 

 

 

何を話したらいいのかわからないなら

先に話すことを決めておく。

 

しかも「すべらない話」なら

相手も楽しませられて一石二鳥だ。

 

 

もちろんいきなり自分が話そうと思っても

口下手なので上手くはいかない。

 

ただ、そこは

スティーブ・ジョブス

マイケル・サンデルよろしく

プレゼンだと思って夜な夜な部屋で練習をしておく。

 

 

あとは実際に会った時にすべらない話という

プレゼンを披露すれば良い。

 

 

まとめ

 

・デートの女性が

「すべらない話のDVD全巻持ってるよー」という

お笑いマニアじゃない子であることを祈る。

 

・大学時代に引きこもっていた自分をぶん殴りたい。