読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

老後のために将来のためになんてろくなことがない

雑記

職場の人と

「過去に戻れるなら何歳の時の自分に戻りたいか」

みたいな話をしていた時に思ったこと。

 

なぜかわからないけど「中学2年生」と答える人が多く

(僕もなんですが)

中学2年生といえば13、4歳だ。

 

 

 

もう自分がその倍の歳になっていることにびっくりした。

中学2年生って自分の半分の歳なんだということに。

 

 

早い・・年月が過ぎるのは早い。

それは仕方ないとして

この先もどんどん歳を取るのは早いのだろう。

これはちょっと嫌だ。

 

 

先のことを考えた時に

30歳の時は〇〇してる

40歳の時は△△してる

50歳の時は××してる

みたいな感じで何をやってるのか想像つかない。

 

 

今の仕事が何十年後も調子良くできるかわからないし

自分も元気で働けるかわからないからだ。

 

 

老後のために働いている人

 

世の中には老後のためなら

今を犠牲にしても良いという人がいるらしい。

 

僕からしたら考えられないことだ。

 

20代30代40代の時に稼いだお金を節約に倹約をして

老後のために貯金しているそうだ。

 

 

でもさ・・おじいちゃんおばあちゃんになって

する楽しみってたかが知れてるんじゃないのか。

 

60歳過ぎて銀座とか六本木、北新地で飲み明かしたいとか

世界一周旅行したいとか

友達と朝までゲームしたいとか

全部できないよ。

 

 

だいたい朝まで飲み明かす体力ないし

お年寄りになったら22時に寝て朝5時に起きるんだから

深夜に出歩くなんてできない。

 

それに世界一周旅行する体力もないし

友達と朝まで遊ぶ体力もない。

 

そもそも友達が死んでて自分の知り合いが

誰もいないなんて可能性がある。

 

 

 

せいぜい出来るとしても

ちょっと豪華な老人ホームで過ごすくらい。

 

ただボケ始めてるのに豪華なところで過ごしても

その豪華さを実感できるかどうかもわからない。

 

 

若い時にした苦労が報われる頃にはボケ始めて・・

って1番最悪なパターンではないだろうか。

僕は嫌だ。

 

 

 

 

遊ぶにだって体力が必要

 

大学生の時は友達の家に集まって朝まで飲んだりして

そのまま2時間だけ寝て授業を受けていたのだが

社会人になった今そんな生活はできない。 

 

体力的な問題で。

 

同じ20代の大学生と社会人でも徹夜をすると

次の日のダメージが違ってくるのに

今よりもっと歳をとった時の体力なんて全く期待できない。

 

 

 

徹夜じゃなくても1日数時間何かをして遊ぶだけで

その日の活動は終了してしまうのではないだろうか。

 

歳をとるとコンディション調整が難しい。

 

 

例えば今なら朝はジムで運動して昼から友達と会って

夜はまた別の友達と会ってご飯を食べる

みたいな3つの活動ができるが

多分歳をとるとこれが無理になる。

 

 1日1活動しかできなくなるかもしれない。

 

 

遊ぶことにだって体力は必要で

将来遊びたいと思ったことを

そのまま実行することができる

保証なんてどこにもない。

 

 

 

 

いつ死ぬかわからないから先のことが不安になる

 

もし明日死ぬとしたらみんな仕事なんてせずに

好きなことをして最後の1日を過ごすだろう。

 

では1年後に死ぬとしたら

仕事を辞めて週2、3日だけバイトをして

あとは好きなことをするんじゃないだろうか。

 

では40年後に死ぬとしたら35年くらいは真面目に働いて

残り5年は好きなことをして過ごすのかもしれない。

 

 

こういう風にいつ死ぬか事前に知っていれば

自分の人生設計は立てやすい。

 

ただ現実はそうではなくていつ死ぬかわからない。

 

一応みんなとりあえずお年寄りになるまでは生きてるだろうから

若い時はコツコツ働いて少ないお給料を貯金するのだと思う。

 

 

だったら仮に80歳まで生きるとして

今からその時の人生設計を立てて

それに向けて毎日目標達成に向けて進むべきだ!

なんて言うつもりもない。

 

 

 

そもそもそんな設計を立てて

今日は〇〇して明日は××して・・

みたいな目標や予定を決めても絶対に破綻する。

 

受験生が参考書を買って気合を入れて勉強しようと思っても

最初の3ページだけやって後は本棚の奥の方にしまうように

そんな予定を立てても三日坊主で終わるだろう。

 

 

仮に順調に進んで目標達成まであとちょっと!

の時に事故や病気で終わってしまうかもしれない。

 

そうなったらまたそこから80歳までの

人生設計を立てて・・・とかキリがない。

 

 

 

夏休みの勉強の計画表なら良いが

何十年単位の計画なんて100%どこかで破綻する。

 

その計画が破綻した時の精神的ダメージを考えた時に

たぶん僕は立ち直れないだろう。

 

 

確かに将来のために、老後のために

何かをしておきたいという気持ちもわかるが

そのために今の自分を犠牲にするのは辞めておくべきだ。

 

その犠牲が報われるかどうかわからない

不確定な未来に期待をしすぎるのはよくない。

 

 

 

遊ぶなら遊べる時に。

 

老後のために、将来のためになんて考えはろくなことがない。

 

明日死ぬかもしれないのだから今したいことをする。

だから僕は今日も仕事をサボってネカフェで漫画を読んできた。