読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

仕事を優先するか自分の時間を優先するかの話

雑記

こんにちは。

今月ももう終わろうとしている。

 

10月という月は

大学3回生は就活を考える時期で

大学4回生は内定式がある。

 

 

新入社員は働き出して半年経ち

仕事に慣れてきて充実した毎日を過ごすか

思っていた会社と違い戸惑いながら過ごしているだろう。

 

 

中堅社員なんかは年末や年明けに向けて

転職を考え始めたりで何かと仕事について考える時期だと思う。

 

 

今回は仕事をする上で自分の人生の中で仕事の優先順位について考えてみたい。

 

 

 

仕事か自分の時間か

 

優先順位といえば仕事を第1に考えるか

自分の時間を第1に考えるかだ。

 

仕事をめちゃくちゃ頑張って出世をしてお給料アップを目指すのか

定時で切り上げ後は趣味などの自分のために時間を割くのか.

 

 

僕は断然後者だ。

 

最低限の労力で最低限の結果を出したい。

いかに楽をするかしか考えてない。

 

仕事をパッと終わらしてサボってネットサーフィンしたり

こうしてブログを書いていたい。

 

 

 

出社した瞬間「帰りてぇ・・」と毎朝思ってる。

 

そしてお昼休憩でオフィスを出た瞬間

「このまま家に帰りてぇ・・」と毎昼思ってる。

 

定時が近づくにつれて時計をちらちら見て

「早く帰りてぇ・・」と毎夜思ってる。

 

 

仕事のせいでプライベートを削られようものなら

発狂するし、上司に詰め寄ってる。

 

*もちろん半沢直樹みたいに真っ向から立ち向かうとかではなく

「このあとちょっと予定あるっす・・・汗」みたいな感じに言う

 

 

 

とはいえ、最初からこういう考え方だったのか

というとそれは違う。

 

就活の時なんかは意識高い系をこじらせていて

「仕事を頑張って30歳になったら

親に今まで掛けてくれた学費を一括で返済したい!」

みたいなことを面接官に言っていた気がする。

 

 

たぶん面接官は

「うちの給料じゃ一括で返済は無理だよ」

と思ってた違いない。

 

 

80連勤した経験

 

最初はそんなノリで仕事をしていて

そのやる気を買われたのかある時に

新規の支店の立ち上げに選ばれた。

 

よくしてくれる先輩に付いていくことになったので

最初はやる気に満ち溢れていた。

 

 

滑り出ししもよく立ち上げ数ヶ月で売上も順調に出てきて

支店全体の評価も上がってきた。

 

しかしある時期に退職者が続いて

人手が足りなくなってからは事態が変わった。

 

 

とにかく人手が足りず休んでる場合じゃなく

休み返上で仕事をせざるを得ない状況になってしまった。

 

最高80連勤して自分の時間も取れず毎日死にそうだった。

というより仕事人間の自分はこの時に死んだのだと思う。

 

 

 

何のために働いているのかわからない

 

80連勤してる最中に感じたこと

 

「もう、何のために働いているのかわからない」

「何のために生きてるのかわからない」

「他の人が遊んでいる間に何で自分は休み削って仕事してるんだろう」

 

これってたぶん僕が自分の時間を優先するタイプの人間

だから感じたことなんだと思う。

 

 

仕事人間の人は成果が出たり、売上が上がると

嬉しくて次はもっと結果を出したいと心から思える人だ。

 

 

逆に僕は結果が出れば一安心してしまう。

 

一安心するということはプレッシャーを感じていて

仕事自体にマイナスのエネルギーを消費するようにできている。

 

 

そしてそのマイナスのエネルギーから回復するために

趣味だったり休み

つまり自分の時間が必要になっている。

 

 

 

逆に仕事人間は結果が出ない時はマイナスのエネルギーを消費して

結果が出た時はプラスのエネルギーが出る。

 

というより仕事のストレスを仕事で発散している。

 

 

結果を出すことでストレスを発散しているから

結果が出ると次の仕事!次の仕事!となっているんだと思う。

 

 

僕の先輩はこっちのタイプで退職者が出た時に

「今が一番最悪だから後は上がるだけ!」と燃えていた。

 

 

この人すごいなと思ったけど、

明らかに自分とは違うタイプの人間なんだなとも感じた。

 

 

 

社内ニートへ

 

今は危機も乗り越えてマイペースで仕事ができるようになった。

 

会社自体がやることやっておけばやり方は個人に任せるという社風なので

サボろうと思えばいくらでもサボれる。

 

 

まあ社内ニートつったって

要は早い時間に仕事を終わらせてるだけだ。

実際に窓際に追いやられてるわけではない。

 

 

ただこの先、この会社で仕事を頑張って

上を目指したいっていう考えはない。

 

管理者になれば自分の仕事プラス

下の人間の管理(モチベーションを上げたりすること)

をしなければならない。

 

これ以上仕事をするのは勘弁したい。

 

 

僕は仕事のストレスを自分の時間を過ごすことで発散するタイプだ。

 

自分の時間を削られると削られる程

何のために仕事をしているのかなどを考え始め出す。

 

そんなことを考えながら仕事をするのは絶対に嫌だ。

 

 

今日は仕事をサボってネットサーフィンしようとか

どんなブログを書こうとかを考えていたい。

 

 

最低限の仕事はするから仕事は増やさないでほしい。

 

 

 

まとめ

 

・自分にどういう働き方が合っているのかは

いろんな働き方を経験してみないとわからない。

 

・仕事のストレスを仕事で発散できる人と

仕事のストレスを自分の時間で発散する2つのタイプの人がいる

 

・前者は仕事に生きることができて、後者は趣味に生きた方が良い

 

・頑張ろうと思えば頑張れて

サボろうと思えばサボれる会社で働けて俺は幸せだ