読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

ペアーズ大反省会

ペアーズ

こんにちは。

8月にペアーズを始めて4ヶ月経ちました。

会ったことをブログに書いたのは4回ですが

記事にしてないだけで実際はもうちょっと会っています。

 

結果は全員が残念な結果に終わりました。

今回はこれまでのペアーズでの出会いを

振り返って反省をしたいと思います。

 

ペアーズを始めた目的

 

いい歳だし独身で彼女もいないし

周りで結婚している人もちらほら現れてるから

そろそろ俺も・・という感じで考えてました。

 

あと最近ペアーズというのがなんか流行ってるから

インストールしてみて試しにやってみようかな。

 

でそこで良い人と出会って

2、3年付き合って仕事もプライベートも余裕があれば

結婚したいな、という流れです。

 

 

あとネットによくいるナンパ師の「即!」

みたいなのは興味ないから

一応、婚活ブロガーと名乗り始めました。

 

 

 

婚活市場にいる女性

 

どうも僕とはかなりの温度差があるようで 

僕の「良い人がいればOK

そこから2、3年付き合って結婚

というのが婚活市場ではダメみたいです。

 

ペアーズに登録している女性のプロフィールを見てみると

良い人がいれば結婚したい

と記載している人を結構な割合で見かけます。

 

 

僕というより男性が思っているより

結婚を「前向き」に考えている印象を受けます。

 

「前向き」という表現はちょっと正しくないかもしれません。

男が2、3年で結婚を意識するのに対し

女性は半年くらいで考えているくらいのイメージです。

 

 

男が

今日はどんな子が来るかな?

可愛いい子だったらいいな!

と考えていますが

 

女性はおそらく

仕事は何してる人だろう?

年収はどれくらいだろう?

この人と結婚したら自分は専業主婦か共働きかどっちだろう?

子育てはしてくれそうか?

みたいなことを初対面から考えています。

 

 

で、実際に会ってみて男は

実物より写メの方が可愛かった・・・

実物の方が可愛いかった!

と、一喜一憂してるのに対して

 

女性は

仕事は安定してて、給料も将来的に増えそうだし、結婚したら専業主婦になれるかな。子供も二人欲しいって言ってるし、子育ても積極的に参加してくれそう。実際に会って誠実そうだし、浮気・ギャンブルもしなさそうだから条件的にはOKかな。

いや〜仕事は不安定で給料も低いから、結婚しても共働きになりそう。子供は嫌いって言ってたから子育てしても手伝ってくれなさそうだし、借金あるみたいだから、この男はダメかな〜。ラインもブロックしよ!

くらいのことを考えてますし

初対面から見極めてきます。

 

 

僕が会った女性で一番若い人で25歳で一番上で29歳ですが

みんな会った時は結婚したい・子供ほしいと言ってました。

 

その時に僕は

初対面からそんな込み入った話するかね・・

と思ったのですが

20代半ばから後半にかけての女性はそういう風に

考えているですから仕方ありません。

僕の認識不足です。

 

実際に僕は結婚云々の話題になった時は

いい人とタイミング次第ですね・・

と答えたのですが

おそらくこう答えた時点で

「ダメな男」に部類されたはずです。

 

 

婚活市場の男女のズレにどう対応していくか

 

あくまで僕の独断と偏見ですが

婚活市場での女性の在り方を考えてみました。

 

男は初対面で可愛い子が来るかどうかを心配しているのに対し

女性は結婚相手としてふさわしいかどうかを見極めている。

 

ズレがあるのは仕方ありません。

重要なのはこのズレにどう対応していくかです。

 

 

初対面の時から結婚の話をいきなりするのは

早すぎると思っていても

女性側が求めているのであれば

言っておくべきかもしれないです。

同様に子供・子育て、専業主婦・共働きなどなど

 

 

えっ、そういうのは実際に付き合って

しばらく経って結婚を意識してから考えたい」 

と、思う男性もいるでしょうが

ひとまず女性が求めている答えを

言っておくのが無難でしょう。

 

「(その内考えが変わるかもしれないけど・・)

いい歳だし早く結婚して落ち着きたいかな。

結婚したら奥さんには支えて欲しいけど

家庭に入るか共働きになるかは相手の考えを尊重する。

子供は2人くらいは欲しいかな。

男の子と女の子だったら嬉しい!

(まあ明日になったら考えが変わるかもしれないけど)」

という感じに、答えておけば

ひとまず「ダメな男」に部類される確率は下がると思います。

 

 

見た目や仕事・年収に関して

 

婚活・結婚に関して避けられないものとして

見た目や仕事・年収があります。

 

単純にモテないのは

お前の見た目が悪くて

お金を持ってないからだろ

と、いう意見もあると思います。

 

これに関しては事実です。

僕自身、イケメンではありませんし

仕事も小企業・低収入のサラリーマンです。

 

 

元彼が医者の女性と

お兄ちゃんが向井理似の女性と会った時は 

この問題が原因で終わったと思っています。

 

 

もちろん、見た目を磨くことは大事ですが

ちょっと美容に力を入れたとしても

元が大事なので劇的にモテるようにはなりません。

あと即効性もないです。

 

仕事と年収も同様です。

目の前の仕事を頑張ったとしても

給料はちょっとしか上がりませんし

給与査定も会社員の場合

年単位なので即効性はないです。

 

 

ルックスを磨く・仕事を頑張るのは大事ですが

ルックスを磨きに磨きを掛けるまで待つ。

給料もリーマンとして限界まで上がるまで待つ。

ということをしていては

いつになるかわかりませんし

おじいちゃんになっているかもしれません。

 

であるならば頑張ることは頑張りますが

現状、今あるもので勝負しなければなりません。

 

 

結論とこれから

 

いろいろと長くなってしまいましたが

結論としては

結婚願望あるよ(すぐにではないけど)」

子供欲しい(いないよりかはねぇ・・)」

専業主婦でも共働きでもどっちでもいいよ

(金無いから99%共働きじゃないとやっていけないけど)」

と、本音と建前を上手く使い分けるしかないですね・・・

 

 

全部、本音で喋ると女性に全く相手にされなくなるので

やはり相手のニーズに応えるという意味で

女性が求めている答えを一通り言うのが無難だと思います。

 

正直、婚活というのに疲れ気味です。

自分のスペックで勝負したら全く相手にされないので

何かを劇的に変えないと

多分このまま惨敗続きのはずです。

 

 

そんなに職業が大事なら

一回、医者と偽ってペアーズに登録してやろうか

底辺リーマンには辛い世の中です(泣)

トホホ・・