読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

週刊文春ユニクロ潜入取材の個人的まとめ①

雑記

ジャーナリストの横田増生氏が

名前を変えてユニクロに1年間潜入取材する

という記事が話題になってます。

 

この人1965年生まれなので

50歳になってユニクロでアルバイトを

していたんですね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ユニクロといえば大学生がアルバイトしていたり

店舗にいる社員も20代30代中心で

その中で50歳過ぎた人間が混ざって

一緒に働くというバイタリティに

まず驚きです。

 

 

実際にブラックかどうかなのは

今の小売業界を見ればユニクロに限らず

どこでもサービス残業があると思うので

ブラックの要素はあるでしょう。

 

どこも従業員の気合いで店を回していると思います。

 

 

この文春の記事は面白かったので

かなりオススメです。

 

 

個人的まとめ

ユニクロと横田増生氏の関係

横田氏「ユニクロはブラック企業や
柳井正氏「なんやねん!名誉棄損で裁判や
ユニクロ社員「社長、みんなサービス残業してるから裁判負けるかもやで」
柳井正氏「関係無い!裁判や裁判
最高裁「うーん、ユニクロはブラック企業やなあ
柳井正氏「ぐぬぬ…

 

 

面接から入社まで

柳井正氏「むかつくから横田はユニクロ出禁にして取材禁止にするで!

横田氏「じゃあ、名前変えてユニクロで働いて潜入取材したろ。

50歳過ぎてるけど、雇ってくれんのかな。

緊張するわ、面接の質疑応答集の本でも読んで練習しよ。

ユニクロさん雇ってや!

ユニクロ「ええよ!

ただ、みんな20代30代やし、20個下の若造に仕事教えてもらうことになるけど大丈夫?

横田氏「よろしくやで!

 

 

ブラック企業としての実態

ユニクロ「セールは忙しいから午前9時から午後11:30を5連勤してや?

横田氏「さすがに50歳過ぎて14時間30分労働を週5日は死ぬで・・

ユニクロ「そこを頼むわ〜?!

横田氏「お、おう・・

 

 

中国人留学生

ユニクロ「セールで忙しいからバイト延長して残ってや?

中国人留学生「帰ります

ユニクロ「そこを頼むわ〜?!

中国人留学生「帰ります

ユニクロ「ぐぬぬ・・・

 

 

業務改善案

横田氏「そや!中国語と韓国語の免税のレジの案内板を作ろ!

そうしたら外国人も買い物しやすいで!

改革と変革はユニクロの柳井イズムやで!

ユニクロ「ルール変更は面倒やから日本語の案内板だけでええで

横田氏「ぐぬぬ・・

 

 

てな感じで横田氏が実際にユニクロで働いてみて

その時の実態を記事にしているというものでした。

 

かなり読み応えのある記事でしたが

今後ユニクロはどうなっていくんでしょうね。

 

 

サービス残業や長時間労働を無くすために

人手を増やしたら今度は人件費が増えて

薄利多売でやってるユニクロからしたら

経営が厳しくなります。

 

というか本気で利益だけを考えたら

日本語・英語・中国語・韓国語に対応したセルフレジを用意して

人件費の安い外国人だけを雇った方が

儲かりますし、営業も別に問題なくできると思うんですけどね。

 

 

でもそれをしたら日本人労働者の職がなくなってしまう。

わざわざ賃金の高い日本人労働者を雇っているんだから

経営者からすると

「サービス残業くらい我慢しろよ。

ていうかそうじゃないと経営できないで・・」

って感じでしょうか。

 

 

そういう意味では日本人に仕事を作ってくれてるので

柳井正氏はありがたい経営者だと思いますね。

偽名使ってる50歳のおじさん雇ってくれるし。

  

だから、あまりブラックブラック言い過ぎると

ほんとに日本人全員クビにして

外国人と機械だけで営業する日が来そう。

 

やっぱり日本人は気合いと根性で働くしかないのかな・・・

 

 

setoseto.hatenablog.com

 

 

ユニクロ帝国の光と影

ユニクロ帝国の光と影