読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー小企業リーマンのゆるふわ日記

ロースペ男の日常なんて誰が興味あんねん・・

今年の展望〜婚活が無理ゲーだと悟った去年〜

婚活

2016年の夏頃からぼちぼちいい歳なので

婚活なるものを初めて見た。

やり方としては結婚相談所に登録するでもなく

お見合いをするでもなく

ペアーズというマッチングアプリという名の出会い系に

登録して女性と知り合うというものだ。

 

半年間でペアーズに1万円以上課金して

約10名の女性と会ったのだが

こちらからこの女性は微妙だな、と思ったり

こちらが良いと思っても相手が僕のことを微妙だな、と思ったり

(ラインの返信がないことから)で、

ご飯代の約1万円が毎回出費として出て行くだけでした。

 

 

 

つまり結果としては

f:id:setonosuke:20170123140326p:plain

 

 

で、まあ約半年間自分なりに

真面目に婚活をしていて思ったことがある。

 

 

女性の普通

女の人は結婚でも恋愛でもどんな男がいいか?

と聞かれると一様にして「普通の男でいい」と答える。

が、この女性基準の普通の男というものが

男が想像する普通の男とかなり現実離れしているのだ。

 

女性のとってのいい人とはいわゆる、MARCH・関関同立・地方国立大学以上の学歴があって、テスト前には勉強が苦手な友達に教えを請われる人望も兼ね備えていて、スポーツも小学生の時はリレーメンバーに選ばれるくらいの運動神経があり中学高校の部活動ではスタメンで試合に出れる能力があって後輩女子からキャーキャー言われた経験があり、大学ではサークル運営に携わっていてコミュ力を駆使して就活を楽勝でクリアして、授業は出席しないが単位は取りこぼさない要領の良さを持っている、また初めて彼女ができたのが高校生で放課後は自転車でニケツして通学路途中のイオンでプリクラを撮って思い出作りをしていて、大学卒業まで彼女が途切れたことのない恋愛遍歴で、女兄弟がいる影響で元から女性の扱いが上手でお盆休み年末年始は地元の友達と集まって過ごし、フェイスブック・ラインの友達人数が100人以上いる、そして最後に年収600万円以上、だ。

 

 

 

多分これが女子のいい人、いや普通の人の基準だ。

この「普通のスペック」に

「性格・相性・価値観」が合うことによって

「普通の人」から「いい人」になる。

 

 

まずこれだけのスペックがあれば

マッチングアプリを利用しなくても出会いはあるものだ。

 

 

友達の紹介や職場で女性に関しては間に合うだろうし

たいていは大学時代の恋人とゴールインするはずだ。

 

ペアーズ?あぁ~フェイスブックで

流れてる出会い系の広告だよね?

怪しいから見かけたら非表示にしてるよ

というくらいの認識だと思う。

いわゆるいい人は使わないし近づこうとしない。

 

 

 

現実の俺

そしてペアーズのプレミアムオプションに課金する程利用している俺のスペックは学歴こそクリアしているものの中学はテニス部の補欠、高校は帰宅部、1浪を経て大学進学、大学で初めて彼女はできたものの初体験は20歳を超えてから、サークルには所属していたが馴染めずに1回生の秋からは幽霊部員。

フェイスブックの友達の人数も30人で、もちろん現在は誰とも連絡を取っていない。

お正月に地元に帰省しても小中学校で一緒だった人と集まることもない、同窓会経験ゼロ、結婚式に招待されたこともゼロだ。

年収も300万円だ。

 

 

差がデカすぎる。

スタート地点にすら立てない。

 

 

それでも10人と会えた

そうスペックは低くても出会えるのがペアーズだ。

職業を「大手企業勤め」にして

年収を「600万円」と設定する。

自己紹介文も誠実さを装って適当に書く。

 

そして写真をビューティープラスという

加工アプリで小顔にして目を大きく整形して

全体的に清潔感のある雰囲気の写真にすれば

女性とマッチングできる。

 

あとは適当にメッセージのやり取りを

すれば会うことはできる。

会うことは・・・

 

 

「10人と会ったんだから1人くらいは上手くいくだろう?」

と思うかもしれないが

上手くいかなかったから

こうしてブログに書いている。

 

 

そもそも会って何を話したらいいのかわからないし

2軒目も誘うべきなのかもわからない

その日解散して次にまた会いましょう!と

誘うべきなんだけど

どういうタイミングで

どういう目的で会うものなのかもわからない・・・

 

いや、そういう人付き合いがわかっていたら

大学時代に将来を考えられる彼女を作れて

ゴールインしていただろう。

それができなかった自分のコミュ力が原因で

ペアーズに登録したわけだし

結局今もどういう風に女性と接するのか

わからず困っている。

 

 

結局婚活女性の求めるスペックも足りてないし

足りてないのをアプリ上のプロフィールで偽装しても

会った時にそれをカバーできるコミュ力が

不足しているから良い結果が出なかった。

 

 

 

今年の展望

婚活は無理っぽいので一旦終了して

ペアーズを利用するにしても

彼女できたらいいやくらいのノリで使うと思う。

(多分できないけどw)

 

タラレバ娘というドラマが始まった影響で

今年はより一層婚活というワードが注目されると思うので

いい歳した独身彼女なしの男は風当たりが強いだろうが

それに惑わされずにマイペースに緩くやっていくのが今年の目標。

 

男子校出身なのが原因か、浪人したのか

それとも生まれつきなのかコミュ力がない男は大変だ。

 

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

 

2017年1月現在で7巻まで発売されていて

僕は3巻までしか読んでないのですが

回転寿司のように男を選んでいるつもりが

いつの間にか私たちが選ばれる番になっている

という的確かつ残酷な例えが印象的でした。